上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top ▲
体重計の数値には敏感であっても、
体の中の健康度は解り難いものです。

今、体内のバロメーターの一つ、
お腹まわりのサイズが注目されています。

カイゲンのメタカットは、スマートな日々の生活を応援しています。

「メタボリックシンドローム撲滅運動キャンペーン」に賛同し、
協賛しているカイゲンがプロデュース。

メタカットのハマナス、キトグルカン、L-カルチニンの三つの注目成分が、
食事を気にせずダイエットサポート!

⇒メタカット詳細はコチラ

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート
9,450円

【トリプルサポート】食事を気にせず、からだの中も外もすっきり。 
Ads by 電脳卸
スポンサーサイト
l メタカット l top ▲
L-カルニチンは生体内で合成されるのでL-カルニチンとしての摂取を通常必要としない。

近年の健康ブームにより、広くダイエット・筋肉増強用サプリメントとして売られるところとなっている。

しかし、摂取のみでは非肥満者および肥満者のダイエットに有効ではないことがわかっている。

また食欲増進効果があることが報告されている。

一方で運動能力の向上については認められるとする研究報告と認められないとする研究報告が2004年時点でそれぞれ15報、7報存在し、結果の一致をみていない。

これは被験者の個人差によるものか、実験の方法論による違いなのか、現在結論は出ていない。

なお、L- カルニチンの摂取により筋肉中のL-カルニチン濃度が増加することもない。

⇒メタカットの詳細はコチラ

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】
l メタカット l top ▲
カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するヒドロキシアミノ酸です。
エネルギー消費やエネルギー産生に重要な役割を果たします。

立体異性体のうち L-カルニチンのみが生体では利用されます。
以下は特に断らない限りL体について記述しています。

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】

L-カルニチンは肉食により補給されますが、
アミノ酸の L-リシンと L-メチオニンから生合成されます。
食肉の中では、ヒツジ肉やカツオ肉に比較的豊富に含まれています。

国内では約50年ほど前より医薬品として用いられていましたが、
2002年12月より食品としての利用が認められたことから、
体内で脂肪酸燃焼に重要な関わりを持つ、
L-カルニチンの生理機能に着目した「いわゆる健康食品」が、
体脂肪燃焼効果を期待するダイエット食品として注目され始めました。

⇒メタカットの詳細はコチラ
l メタカットの成分 l top ▲
脂肪酸はミトコンドリア膜を通過する前に酵素カルニチンアシルトランスフェラーゼの作用により細胞質内のアシルCoAがアシルカルニチンへと変換されてから、ミトコンドリアマトリックス内へと膜を通過する。

その後ミトコンドリア内において再びカルニチンアシルトランスフェラーゼの作用により、アシルCoAが再生される。

脂質代謝の補因子であるためかつてはビタミンBT と呼ばれたが、現在ではこの呼称はほとんど用いられていない。

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】

近年は脂質代謝に関与することからダイエット用サプリメントとして注目を浴びている。

もともと体内で造られている微量成分だが、加齢の問題や現代の多忙な生活の中で、不足しがちになると言われる。男性より女性に不足する傾向があり、肥満体型の人も不足傾向にある。

アメリカの研究では1日500ミリグラム程度の L-カルニチンが必要だとされている。
⇒メタカットの詳細はコチラ
l メタカットの成分 l top ▲
1993年、Hotamisligilが肥満とインシュリン抵抗性の間に炎症が介在することを指摘しました。

1998年に世界保健機関がメタボリック症候群という名称で、
その診断基準を発表した事により、「メタボ」としても一般に知られるようになりました。

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】

2001年に簡便なNCEP-ATPⅢ診断基準ができて、これが世界的に普及したが、
2004年にRidkerらが炎症マーカーであるCRPを診断項目に加えることを提唱し、
2005年に、国際糖尿病連盟(IDF)は、
腹部肥満を必須項目とするメタボの世界統一診断基準を作成しています。

しかし、その直後、2005年に、アメリカ循環器学会と国立心臓肺血液研究所は、
IDF診断基準よりもNCEP-ATPⅢ診断基準の方が優れているという共同声明を発表し、
アメリカ糖尿病学会とヨーロッパ糖尿病学会は、どの診断基準も問題であり、
人々にメタボリックシンドロームというレッテルを貼ってはいけない、という共同声明を発表しました。

⇒メタカットの詳細はコチラ
l メタボリックシンドローム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。