上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top ▲
1993年、Hotamisligilが肥満とインシュリン抵抗性の間に炎症が介在することを指摘しました。

1998年に世界保健機関がメタボリック症候群という名称で、
その診断基準を発表した事により、「メタボ」としても一般に知られるようになりました。

カイゲン『メタカット(180粒)』 食事を気にせずダイエットサポート【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】

2001年に簡便なNCEP-ATPⅢ診断基準ができて、これが世界的に普及したが、
2004年にRidkerらが炎症マーカーであるCRPを診断項目に加えることを提唱し、
2005年に、国際糖尿病連盟(IDF)は、
腹部肥満を必須項目とするメタボの世界統一診断基準を作成しています。

しかし、その直後、2005年に、アメリカ循環器学会と国立心臓肺血液研究所は、
IDF診断基準よりもNCEP-ATPⅢ診断基準の方が優れているという共同声明を発表し、
アメリカ糖尿病学会とヨーロッパ糖尿病学会は、どの診断基準も問題であり、
人々にメタボリックシンドロームというレッテルを貼ってはいけない、という共同声明を発表しました。

⇒メタカットの詳細はコチラ
スポンサーサイト
l メタボリックシンドローム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。